<< フォトログ的な? | main | MEXICO-MOROCCO-TOKYO >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at

-, -, pookmark

ペーソス

昨日はなんだか、メールやmixiでのいいやりとりがたくさんあった。そういうことって決まって同じ日にまとまって起こるのはなんでだろう?仕事でもプライベートでも「誰かに何かを伝えたい」っていうヴァイブレーションがみんなの間に蔓延してるって感じる日ありませんか?気候とか関係あるのかな。

櫻井響(MySpace現在作成中)と夜中までアツく語り、荏開津さんからのメールに勇気づけられた朝。
最近買ったコレを聴いてます。

アラン・トゥーサン
ALLEN TOUSSAINT / THE BRIGHT MISSISSIPPI
ココで試聴できます


数年前に中島美嘉の作品にも参加してた、ニューオリンズの名プロデューサー/コンポーザー/シンガー/ピアニスト、アラン・トゥーサンの新作。JAZZの名曲やスタンダードを、ニューオリンズ風味たっぷりにアレンジした、ペーソスたっぷりの作品。哀しみを含んだ朗らかさ。ニューオリンズ音楽にはずっと惹きつけられてきました。音楽的に似てるとか互いに与えあった影響うんぬんだけじゃなくて、たぶんレゲエを好きなのと同じ部分で好きなんだと思う。うまく言えないけど。

「ペーソス」って言葉を初めて目にしたのは、確か、自分が最も影響を受けたCOOL SPOONってバンド(youtubeあった!まさにこの番組で知ったのです)の戸渡さんがDICTIONARYかなんかのレコード紹介で使ってたのを読んだ時だったと思うんだけど、「ペーソス」って言葉の意味がわかんなくて、でもどうしても知りたくて調べたりした気がするなぁ。単純に「哀愁」って和訳じゃ不十分な気がする言葉。

このアラン・トゥーサン新作と同じようなピアノ主体のニューオリンズ盤では、数年前にとある人に教えてもらったこれも大好きです。かなりの頻度で聴いてるなぁ。

Dr.JOHN
Dr.John Plays Mac Rebennack

1曲目の「Dorothy」はクボタタケシ「NEO CLASSICS」の冒頭でも使われてた曲。

で、レゲエとニューオリンズ音楽に共通して好きな部分みたいなのを、「レゲエMIX」として見事にまとめてくれた、このCDもオススメですよー

(NOOLIO)

at 11:07

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:07

-, -, pookmark

comment
チエ, 2009/05/17 1:53 PM

はじめまして!!昨日ラガチャンではじめて見てジャーゲジョージクンのファンになりました。近くにいたんだけど、お声はかけれずでしたが・・・次回お会いすることあれば、お声かけさせていただきたいと思います。

ジョージクンにBIG UP!!


noolio@P2S, 2009/05/19 4:42 AM

チエさま
ありがとうございます!
ラガチャンネル、楽しかったですねー
ジャーゲにも伝えておきます。
今後ともよろしくどうぞ!











trackback

url:http://part2style.jugem.jp/trackback/24

,